奥州白石の礎『片倉小十郎景綱公』の菩提寺

臨済宗妙心寺派常英山傑山寺

ホーム > 檀家・檀信徒・一般の方へご案内 > 傑山寺永代使用墳墓について

傑山寺永代使用墳墓について

祭祀継承者の断絶や、子孫の遠方への赴任など、各々の死後不安を抱く檀信徒は当山にも多くおられます。

将来墓参に訪れる人も途絶え無縁墳墓となる危惧を解消し、永代に渡って傑山寺で管理し法要を行える永代墳墓が必要不可欠となりましたことは皆様周知のとおりです。

当山では、この件につきまして先々住職寛道和尚の代から責任役員会の懸案事項として議事として取り計らってまいりましたが、檀信徒の長年の念願でありました傑山寺永代墳墓が落成の運びとなりました。

「霊光苑」と名づけられた墳墓は寛道和尚の揮毫であり、後ろに他界の御冥福と安心を祈る観音経の一文が書かれております。

使用規定

中央合祀墳墓
檀信徒に限らずどなたでも入墓できます
一霊位につき ¥300,000
入墓する場合
一霊位につき
納骨冥加料:¥50,000
戒名、家名刻印代:¥50,000
両脇個人墳墓
御家族で入墓できます
一基につき ¥800,000(石碑込)
別途中央個人墳墓
一基につき ¥600,000
但し骨室は中央墳墓と合祀となります
納骨冥加料 戒名、家名刻印代は両脇個人墳墓と同じになります

▲ページトップへ

臨済宗妙心寺派常英山傑山寺 〒989-0248 宮城県白石市南町2丁目7-20 TEL.0224-25-9258 FAX.0224-24-2344

Copyright© 2015 臨済宗妙心寺派常英山傑山寺 all rights reserved.