奥州白石の礎『片倉小十郎景綱公』の菩提寺

臨済宗妙心寺派常英山傑山寺

  • 境内案内
  • 学びと安らぎの会
  • 女性部会・作務の会
  • 妙心寺花園流御詠歌無相教会傑山寺支部
  • 檀家・檀信徒・一般の方へご案内
  • ご祈祷について
  • 御守・授与品・参拝記念品について
  • 冊子「みちしるべ」
  • 縁起物:観音様の紅白枕
  • 仏前結婚式のご案内
  • 一問一答
  • 傑山寺寺庭ブログ

ホーム > ご祈祷について

御祈祷について

傑山寺での御祈祷・御祈願は、ご自分の願いや、人生の岐路、厄年などにおいて、これからの道を広げ、良くしていくために仏様との結びつきを強めていくものです。 そして仏様との縁を繋ぎ、願いをかなえ、諸厄を払い、次の道へと導く手助けをさせていただきます。

御祈祷・御祈願は数多くございます。 どの御祈祷・御祈願が良いのかは下表でご確認ください。

御祈祷・御祈願に関して、厄年の場合には「厄除開運」をお勧めしております。 厄年とは人生において大きな節目となる年ですので、大切に過ごしていただくよう願っております。

※なお、御祈祷の際は数珠をお持ちいただくことをお勧めいたします。

常英山 傑山寺 御祈祷一覧

御祈祷種類 御利益説明
諸願 心願成就
(しんがんじょうじゅ)
願いことが望み通り叶いますように
厄除開運
(やくじょかいうん)
災いを除け、良い運が開けますように
必勝祈願
(ひっしょうきがん)
困難を乗り越えて己に打ち勝ちますように
御縁 良縁成就
(りょうえんじょうじゅ)
良い相手と巡り合えますように
合格 合格祈願
(ごうかくきがん)
目指している目標が達成されますように
交通 交通安全
(こうつうあんぜん)
運転手や同乗者、関わる人々と車両が安全でいられますように
健康 身体堅固
(しんたいけんご)
病気や怪我などをせず、身体が丈夫になり健康でいられますように

▲ページトップへ

厄年とは

日本で古くは平安時代からあったとされる、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことです。 この年齢に達した時は、無理なことはせずに厄年の一年間を謙虚に謹んで生活し、親戚や友人、知人などに御馳走などを振舞い、厄を一緒に流していただきます。

厄祓いの御祈祷も多くの方がなさいます。 厄年の御祈祷には、「厄除開運」をお勧めいたします。

厄年早見表

男性

前厄 本厄 後厄
満23歳(数え年24歳) 満24歳(数え年25歳) 満25歳(数え年26歳)
満40歳(数え年41歳) 満41歳(数え年42歳)
大厄
満42歳(数え年43歳)
満59歳(数え年60歳) 満60歳(数え年61歳) 満61歳(数え年62歳)

女性

前厄 本厄 後厄
満17歳(数え年18歳) 満18歳(数え年19歳) 満19歳(数え年20歳)
満31歳(数え年32歳) 満32歳(数え年33歳)
大厄
満33歳(数え年34歳)
満35歳(数え年36歳) 満36歳(数え年37歳) 満37歳(数え年38歳)

厄年厄祓いの御祈祷を希望される方のお申込みは、お電話もしくはメールにて受付ております。

お電話の場合は 0224-25-9258 へおかけください。

メールでのご予約の場合は、当ホームページのお問い合わせ画面からご予約ください。

ご連絡なしで、御祈祷・御祈願にお越しいただいた場合には、お待ちいただくことや別の日にお願いすることもございますのでご了承ください。

▲ページトップへ

臨済宗妙心寺派常英山傑山寺 〒989-0248 宮城県白石市南町2丁目7-20 TEL.0224-25-9258 FAX.0224-24-2344

Copyright© 2015 臨済宗妙心寺派常英山傑山寺 all rights reserved.