奥州白石の礎『片倉小十郎景綱公』の菩提寺

臨済宗妙心寺派常英山傑山寺

ホーム > 名所・名跡 > 本堂

本堂

本堂 本堂 本堂
本堂
本堂 本堂
本堂

檀信徒はじめ、皆さまの心の拠所となる本堂

本堂正面に祭壇にはご本尊の「拈華釈迦如来立像」、脇本尊の「魔訶迦葉尊者」(拈華釈迦如来立像に向かって右側)・「阿難尊者」(拈華釈迦如来立像に向かって左側)が祭られ、東西南北に配置された四天王(東方には持国天、南方には増長天、西方には広目天、北方には多聞天(毘沙門天))が四方をお守りしています。

祭壇の中央には片倉小十郎景綱公と異父姉喜多(伊達政宗の養育係)の位牌、真田幸村公とその娘阿梅の位牌が祭られ、戦国時代の世から時代と共に成り立ってきた傑山寺の歴史を肌で感じとることができます。


甲冑

本堂に向かって左側の脇部屋には片倉小十郎景綱公の甲冑(鎧兜)が安置されています。


甲冑

向かって右側の脇部屋には臨済宗の初祖達磨大師の掛け軸と木像が祭られております。

鎌倉時代に日本に伝わった仏教禅宗では達磨大師という僧侶を重要視し、「祖師」の言葉は達磨を表すこともあるほどです。 禅宗寺院では達磨大師を描いた掛け軸や札をいわゆる仏像のような役割で用いることありますが、この達磨大師には壁に向かって九年の坐禅を行ったことによって手足が腐ってしまったという伝説があります。 ここから、手足のない形状で置物が作られるようになりました。日本でよく見られるダルマは赤色を基調とした塗装が行われます。 火や血の色である赤は古来から魔除けの効果があると信じられています。


本堂の鏡天井には本堂を見下ろすように直筆による雲竜画が描かれています。

龍

▲ページトップへ

臨済宗妙心寺派常英山傑山寺 〒989-0248 宮城県白石市南町2丁目7-20 TEL.0224-25-9258 FAX.0224-24-2344

Copyright© 2015 臨済宗妙心寺派常英山傑山寺 all rights reserved.