傑山寺閑話

ホーム > 傑山寺閑話 > 初代「谷風」の墓掃除に思う

初代「谷風」の墓掃除に思う

2020.08.26

当寺には江戸時代に「最強の大関」と呼ばれた、初代谷風梶之助のお墓があります。(初代谷風についての詳細は基本ページでご覧ください。)
没後約280年後の今でも、全国から多くの相撲ファンの方が絶えることなく、谷風のお墓に御参りに見えます。
何故か勇気づけられます。

初代谷風梶之介が江戸から自ら担いで運んできたと言われる墓石

お掃除しながら何度も、自分の墓石になるこの大きな大きな石を、谷風はどんな思いで担いで運んできたのだろう?という思いが頭の中に浮かびました。
そして、それを今目の前で見たとしたらどんな光景なんだろうなぁと。

白石を愛し、この地に眠られている初代谷風さんのお力を、今の時代にお借りする方法はないものか?と考えながらお掃除をしておりました。

初代谷風梶之介の墓地全景

気に掛かっていても、日々の忙しさに追われ、なかなか出来ない事があります。
コロナ禍の中で行事や催事が中止になっている今こそ、積もり積もった課題に一つひとつ取り組もうと思っております。

お掃除が終わった後は心が洗われました。
寺庭

Categories

Archives

お問い合わせ

傑山寺へのお問い合わせはお電話またはメールにてお願いいたします。

お電話でのお問い合わせ

TEL.0224-25-9258

ページトップへ戻る