境内案内

ホーム > 境内案内

広大な境内には本堂を中心に、十一面観世音菩薩が祀られている観音堂、初代片倉小十郎景網公の墓標として植えられた一本杉、角界に今もなおその名を轟かせている初代谷風の墓、そして片倉家と縁の深い北海道松前藩主、松前安広とその子孫の墓所などがあります。 平成24年には初代景綱公の銅像も完成しました。

本堂裏手には心字池やお茶室を配する庭園や、井伏鱒二の書いた文学碑なども点在しています。

また、傑山寺は県の風致地区として特別認定を受けており、全山に老松をはじめ銘木が数多く存在しています。

特に秋には楓の紅葉が大変美しく、錦の屏風を広げたような絢爛たる紅葉を楽しむ事が出来ます。

  1. 本堂
  2. 花園会館
  3. 観音堂
  4. 片倉小十郎銅像
  5. 傑山寺庭園
  6. 片倉家墓所
  7. 松前家の墓
  8. 一本杉
  9. 井伏鱒二文学碑
  10. 初代谷風の墓
  11. 野仏・地蔵
  12. 六地蔵
  13. 佐藤孝郷の墓
  14. 大住松

 

 

お問い合わせ

傑山寺へのお問い合わせはお電話またはメールにてお願いいたします。

お電話でのお問い合わせ

TEL.0224-25-9258

ページトップへ戻る